インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

治療を通して、皆さまのお口に対する意識を高めていきたい

お口の病気は日常生活にもさまざまな弊害をもたらしてしまいます。例えば、痛みがあると食べ物を上手に噛めなくなってしまったり、夜なかなか寝付けなかったりします。さらに、歯を失ってしまうと噛む力が低下し、食事を楽しめなくなってしまいます。

患者さまには充実した毎日を送っていただきたいと思っているからこそ、予防に力を入れ、歯を残すためのサポートをしています。写真や画像、検査結果などを用いて、患者さまにご自身のお口の状態を分かりやすく説明し、皆さまのお口に対する意識を高めていくことが当院の目標です。

このお仕事を目指したきっかけを教えてください。

歯科医師を目指そうと思ったのは、二人の人物の影響があったからです。一人は私の父です。父は歯科医師をしており、幼い頃から患者さまのために仕事をしている姿を見て育ちました。その姿を見ているうちに、次第に自分も同じように働きたいと思うようになりました。

もう一人は、子どもの頃に私の歯の治療を担当してくれた歯科医師の方です。その方は父の同級生で、小児歯科を担当しており、高校生くらいまで矯正を担当していただきました。かなりフランクな性格の方で、時間が経つとともにたくさんのお話をするようになり、その方の影響もあり歯科医師を志すようになりました。

歯科医師になってから、特に力を入れた分野はありますか?

歯周病や予防に関して、力を入れて学びました。私は、長く通っていただき、患者さまの歯を守るためのサポートをしたいと考えています。そのために、予防のシステムなどを学び、歯を残すために必要な知識や技術を身に付けてきました。また、予防と歯周病は切っても切り離せない分野ですので、歯周病に関する勉強にも励んでいます。

歯周病で悩むことのない状態に整えることはできますか?

お口の状態を改善させることは可能です。しかし、治療で終わりではなく、その後のメンテナンスは不可欠になってきます。歯周病は生活習慣病の一種であり、定期的にメンテナンスをしてお口の中を清潔に保つことが大切です。治療で状態を改善したら、その状態を維持できるようしっかりとサポートしていきます。

また、治療を継続して行う必要もあるため、お口に対する意識を患者さま自身に持っていただくことが重要です。そのために、カウンセリングルームでアニメーションを用いながら分かりやすく歯周病について説明をしたり、歯科ドックで意識を高めてたりするなどの工夫をしています。

先生の考える「より良く噛めるお口」とはどのようなものですか?

噛み合わせがきれいに整っていて、美味しくご飯を食べられる状態だと考えています。そのためには、できるだけご自身の歯を残していくことが大切です。歯を失ってしまった際の治療として入れ歯やインプラントがありますが、生まれ持ったご自身の歯には勝りません。少しでも長く残していけるように、一人ひとりのお口の状態に適した予防計画をお伝えします。

院内をリニューアルしたとお伺いしたのですが…

患者さまがリラックスして過ごせるような空間にしたいと考えたからです。木目を基調として、壁紙や床の貼り替えを行い、落ち着きのある院内にこだわりました。診療台の配置も少し変更して、プライバシーを守りながら、窮屈さを感じさせないようにしています。

最後に、今後の展望をお伺いしてもよろしいでしょうか。

今後はさらに予防歯科に力を入れ、健康な歯をお守りできるよう、長くお付き合いしていきたいと考えています。当院では歯科ドックを行っており、患者さま一人ひとりのお口のリスクをお伝えしています。分かりやすい説明を心がけ、皆さまのお口に対する意識を高めて行きたいと思います。

また、スタッフと協力して、より通いやすい、緊張しないような雰囲気作りを行っていきたいと考えています。