診療案内

虫歯

「歯が痛い」と感じたら、一度歯科医院に足を運んでみてください。自覚症状があるということは、すでに症状が進行している可能性があります。痛みを感じたままだと日常生活にも影響を及ぼしてしまいますので、まずはその痛みを取り除くための治療を行います。

もっと見る

当院では保険診療を中心に、虫歯で悪化した箇所だけを丁寧に処置することを重視しています。一度削ってしまった歯は元の状態に戻るということがありませんので、できる限り削らないことが大切です。健康な歯は傷つけず、再発のリスクを抑えられるよう心がけています。

また、「お金はかけたくないけど、銀歯には抵抗がある」という方もいらっしゃいます。実は、保険診療内でも、白く目立ちにくい技工物(被せ物・詰め物)が使用できるのです。中心から数えて4,5番目の小さな奥歯であれば、保険診療でも白くきれいな技工物を作製することが可能です。「すべての歯が残っている」などの条件はありますが、興味のある方はお気軽にご相談ください。

歯周病

歯周病治療は変化が分かりにくいため、モチベーションを維持しにくいと思います。しかし、状態を改善するためには定期的なメンテナンスが欠かせません。そのため、実際にお口の中の菌を見てもらうなど、率先して治療に参加してもらえるような工夫をしています。

もっと見る

歯周病が悪化する原因は、お口の中に溜まっている歯垢(プラーク)です。「歯磨きを欠かさずにしているから自分は大丈夫」という方も、実は磨き残しがあって、そこから歯周病菌が繁殖してしまうことがあります。ご自宅でのケアも重要ですが、それに加えて定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことが、清潔なお口の環境を維持するために欠かせません。

当院では、マイクロスコープを用いてお口の中全体を細かく検査・治療したり、細菌検査を行って状態を細かく把握したりして、状態の改善を図っています。さらに、位相差顕微鏡を用いて、実際にお口の中にどのくらい菌がいるのかも見ていただくことで、治療・予防の必要性を理解していただけると考えています。

メンテナンスでは、お口のお掃除に加えて、歯の大きさや形に合わせたブラッシング指導を行い、ご自身でも清潔な環境を維持できるようサポートいたします。

インプラント

歯を失ってしまった際も、それまでと変わらずに噛める状態に整う治療としてインプラントがあります。インプラントは見た目が美しいだけでなく、噛み合わせを細かく調整することができるため、不具合なく食事を楽しんでいただけるようになります。

もっと見る

インプラント治療を行う際には、お口の中を立体的に確認できる歯科用CTで撮影し、その情報を基に治療計画を立てていきます。埋入する位置をミリ単位で決めるサージカルガイドというものを作製し、それを使用しながら治療を進めるため、お身体にかかる負担を軽減することが可能です。

当院では、ノーベルバイオケア社とストローマン社のインプラントを採用しています。それぞれ特性が異なるため、患者さまのお口の状態や治療箇所に応じて使い分けをしています。また、患者さまには、事前の説明の際にメンテナンスの重要性についてお話しし、理解していただいてから治療に進んでいきます。

外科処置を伴うため、不安に感じることも多くあると思います。気になることがあれば、カウンセリングの際に遠慮なくご相談ください。

小児歯科

年齢を重ねてもご自身の歯を残すためには、早い段階から予防に取り組むことが大切です。しかし、初めて歯科医院にお越しになったお子さまにいきなり治療をしてしまうと、「怖い」という印象を与えかねません。そのため、その子のペースを尊重した診療を行っています。

もっと見る

診療を行う際、まずはお話しすることから始めます。「怖い」「不安」といった気持ちにさせないことが重要だからです。コミュニケーションを取ることで、緊張をほぐすことはもちろん、お子さまとより良い関係を築けると考えています。そして、歯磨きの練習など、簡単なことからステップアップし、できる範囲を徐々に広げていきます。

また、乳歯は永久歯より弱く、虫歯になりやすい状態です。当院では、定期的にフッ素を塗っていただくことをおすすめしています。フッ素は歯質を強化することができ、虫歯になりにくい歯を作ることが可能です。

虫歯・歯周病は感染症の一種であるからこそ、早い段階から歯科医院でお口の健康維持に取り組み、お子さまの歯を守っていきましょう。

入れ歯

入れ歯は「違和感がある」「目立つ」「外れやすい」と、ネガティブな印象をもたれがちです。しかし、現在では、金属のバネを使用しないものや歯茎とのフィット感にこだわったもの、インプラントを利用して行うものなど、ご要望に添ったさまざまな入れ歯が存在します。

もっと見る

入れ歯を作製する際に大切なのが最初の型取りです。型取りでずれが生じてしまうと、「完成したものはお口に合わない」という結果につながってしまいます。きちんと診査・診断を行い、治療箇所をきれいに整えたうえで、丁寧に型取りするよう心がけています。

また、完成した入れ歯もすぐにお口にフィットするということは少なく、何度か調整を重ねることで、違和感なく快適に使用できるものになってきます。「外れにくく、噛める入れ歯」の作製を目指して、一つひとつの工程を丁寧に行っています。

美容診療(ホワイトニング、マウスピース矯正)

セラミック治療は、より見た目の美しさと機能性を求める方におすすめの治療法です。保険診療で使用する白い素材よりも、美しい見た目に整えることができます。さらに、汚れが付きにくいという特徴があるため、虫歯を再発させるリスクを抑えることも可能です。 また、ワンランク上の美しさを求める方にはセラミック治療の他にもホワイトニング、マウスピース矯正などをおすすめしております。

もっと見る

院内にはセラミック素材の技工物を作製できるCAD/CAMシステムを導入しています。通常は型取りをして歯科技工所に作製を依頼しますが、その過程を省くことができるため、リーズナブルな価格での提供が可能です。専用のカメラでお口の中を撮影したデータを基に作製をするため、型取りの際の負担を軽減することができます。

ホワイトニングは院内で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うオフィスホワイトニングの2種類をご用意しており、患者様のご希望やライフスタイルに合わせたご提案を行っています。白くきれいなお口元に整えることで、ご自身の笑顔に自信を持っていただけるようになると考えています。

マウスピース矯正に関しては、従来のブラケット矯正に抵抗がある方でも、透明なマウスピースを使用するため、日常生活に支障が出にくい方法となっております。 これらは自由診療になるため、こちらから治療を押しつけるということはありませんが、興味のある方はお気軽にご相談ください

噛み合わせ

噛み合わせを整えることはとても大切です。本来あるべき箇所から歯がずれてしまっていると、きちんと噛めなくなってしまうだけでなく、特定の箇所に負担がかかり、歯を失う原因につながってしまうからです。十分な診査・診断をしたうえで、きれいな状態へと整えていきます。

もっと見る

先天的なものを含め、噛み合わせがずれてしまう原因はさまざまです。例えば、入れ歯や被せ物が合っていないとずれが生じてしまいます。さらに、ものを噛む時に無意識に片側だけで噛んでいると、噛み合わせに偏りが出てしまいます。この他にも原因と考えられるものはいくつかありますが、その中でも多いのが、入れ歯・被せ物によって起こるものです。

診断のための設備を十分に揃え、患者さまの症状に適した治療を提供できるよう心がけています。